遺品整理の際に現金などが見つかったら誰のものになるの?

遺品整理をしていると、思わぬ物が見つかることも少なくありません。

それはないと思っていた遺言書であったり、書いているのも知らなかった日記であったり、若い頃に恋人からもらった手紙であったり、思い出の残る写真だったりもします。

 

 

 

 

さらには見たこともない年季の入った古美術品やフィギュア、プラモデルなどのコレクション品が出てくることもありますが、金券や権利証、現金などが出てくることもあります。

 

 

遺産分割をした財産やこれから遺産分割をしようとしていた際に予定していなかった現金類が見つかったらどうすればいいのでしょうか。

 

 

この点、遺産分割というのは一般的には相続が発生してから10か月以内に行うケースが多くなっています。

なぜかと言えば、相続税が発生する場合の納期限が、相続が発生してから10か月以内が納期限となっているからです。

 

 

納期限を過ぎてしまうと延滞税などが発生するだけでなく、相続税を軽減させるためのさまざまな軽減制度や控除が受けられなくなるというルールが定められているので、多くの方は納期限までに遺産を確定して、遺産分割協議を行い、相続人それぞれが納税するというのが一般的です。

 

 

これに対して、遺品整理を行うタイミングは定められてはいません。

亡くなってすぐに行う方もいれば、相続税の納期限が過ぎても行わない方もいます。

亡くなられた方の思い出を残しておきたいと、お部屋やご自宅をずっとそのままにしておく方も少なくありません。

 

 

 

 

 

 

遺品整理業者のものにはなりません

 

 

 

 

最近では遺品整理をご遺族のみで行うのではなく、遺品整理業者にすべて任せてしまうというご家庭も増えてきました

遺品整理業者が大量の遺品を整理している過程で、現金などの価値あるものを見つけたらどうなるのでしょうか。

 

 

遺品整理業者はあくまでも遺品のお片付けやご遺族が探してほしいものなどを発見したり、ご遺族も思わぬ物を発見したりしてお手元にお渡しするのがお仕事です。

たとえ、それがご遺族にとっては予想外の現金であったとしても変わることはありません。

道端で落とし物を拾ったのとはまったく状況が異なります。

 

 

業務として行っていますので、拾得物として持ち主がいないからもらえるとか、発見した報酬として現金の何割かをお礼する必要はありません。

もしかしたら、気付かずにゴミとして捨ててしまったかもしれないものを見つけてくれたからとお礼をする必要もありません。

なぜなら、報酬は遺品整理サービスの費用として受け取っているからです。

その業務の範囲で見つかっただけのことなので、追加でお礼を払う必要もないのです。

 

 

では、見つけたのが遺品整理業者ではなく、相続人の1人であったらどうでしょうか。

 

 

他の相続人にバレないようにと、そっと懐に入れてしまう方もいるかもしれません。

ですが、本来はそれが故人様の物であるならば、それは故人様のすべてを承継した相続人全員の共有物となり、遺産分割の対象となります。

 

 

中にはその現金は自分が故人に預けていたものだとか、遺品を整理しようと思って、先日置き忘れたなどと言い張る方もいるかもしれません。

どんな状況で見つかるかにも寄りますが、通常、そうした主張は認められないでしょう。

 

 

現金には名前も書けないので、誰の所有物かの判断は難しいものがありますが、遺品の中から出てきて、封筒などに入っていたり、本の間にへそくりのごとく挟まっていたりすれば、通常は故人が残したものと推測されます。

そのため、相続人の共有物として遺産分割の対象となるのです。

 

 

 

 

 

新たに見つかった現金も含めて遺産分割を

 

 

 

法律のルールを厳格に貫くのであれば、新たに見つかった現金も遺産分割の対象として遺産分割協議のやり直しが必要になります。

既に相続税を納付しているという場合、計算し直した結果、納税額が変われば、修正申告もしなくてはなりません。

 

 

もっとも、これは遺産分割をし直さなければならないほど、多額の現金が見つかったようなケースです。

この場合に遺品整理に立ち会った相続人の1人や、見つけた相続人が1人でもらってしまうとなれば、後からもめごとにつながります。

また、相続税の金額も変わる可能性が高いので、面倒でも遺産分割協議のし直しが必要になるでしょう。

 

エクシアでは、ご遺族様のご要望・ご相談をお受けし、ご希望・ご予算に
合わせた最適なプランで心を込めて丁寧に整理させていただきます。

ご遺品類の選別・片付けから搬出、処分まで、故人が大切にされていた
思い入れの品は手厚く供養させていただき、不要になったご遺品類の中から
買取が可能なものは買取させていただきます。
ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

年中無休
即日対応
相談
無料
0120-77-2345
受付時間8:00~20:00
無料お見積もりはこちら
お役立ちコラムの購読はFacebookをご利用頂くと便利です