賃貸住宅での孤独死の場合の訴訟問題に関して

近年は高齢化社会の進展とともに、多くの高齢者が1人暮らしをしています。

当然に若年の方の1人暮らしと比べて、高齢者の1人暮らしでは孤独死するケースが多くなるため、将来的にも各地で問題が起きると思われます。

 

 

 

もっとも、賃貸物件では連帯保証人を必要とする場合も多いため、仮に孤独死などが生じた場合、連帯保証人・相続人が家主から賠償請求を受ける可能性も存在します。

 

 

つまり連帯保証人・相続人はそういったトラブルが生じることを常に検討しておかなければいけないのも事実です。

 

 

一般的に賃貸物件では引っ越しを行う際には、家主にたいしてその賃貸物件の原状回復を行うことが賃借人の義務となっています。

賃貸物件の契約時には敷金を入れていることがありますが、それは退去時の原状回復を行うためです。

 

 

 

 

もっとも、賃貸の家主が持つ懸念は、賃貸の場合ではその部屋で自殺や殺人が行われると事故物件に該当するということです。

当然、事故物件になると借り手が見つかりにくくなることが多くなります。

 

 

ただ孤独死が生じた部屋でも、死体の腐敗が進んだなどの場合に事故物件扱いになってしまうこともあり得ます。

 

 

事故物件の何が問題になるかについては、こうしたいわくつきになることも多いので、近隣の相場と同じ状態で家を賃貸できなくなる点です。

これは賠償問題に発展するケースもあるため、こうした場合に賠償できるかが問題になります。

 

 

もっとも、家主としては連帯保証人や相続人を押さえていても、最悪の事態としては誰にも賠償を請求することができなくなってしまうこともあり得ます。

たとえば連帯保証人が亡くなってしまい、相続人はいるのですが莫大な賠償の場合には相続放棄されてしまう点があります。

 

 

つまり家主は連帯保証人にも相続人にも賠償請求を行うことができず、困るケースも多いのです。

 

 

 

 

賃貸物件での孤独死した場合の解決方法

 

 

 

高齢者の1人暮らしの場合では、孤独死の問題は避けて通ることができません。

もっとも、自殺や殺人のように悲惨な状態とならないので、それほど気にすることはないのかもしれません。

 

 

それでも死体の腐敗で気が付くというようなケースも多いので、結局は事故物件扱いになってしまう点も生じます。

 

 

被相続人がマイナス財産となる場合には、相続人は相続を放棄することもあり、その場合は賠償請求などをとることができなくなるのが家主側にとっての問題です。

反対に相続人に関しては賠償請求を受けたくないというのが本音であります。

 

 

つまり家主と相続人はぎりぎりのところで、問題を解決することが必要になるのも事実です。

 

 

家主の中には事故物件の場合には、何から何まで交換しないと心理的にも気持ちが悪いため、その交換の費用を相続人に負担させようとしてします。

つまり長年、家賃を受けておきながら、こうした賠償請求でも当たり前のように請求することも多いです。

 

 

ただ判例に関しては、すべてを賃借人の相続人に負担させるのは適当でないと判断され、しかも孤独死の場合は自然死であるため、事故物件までとは言えないとしています。

 

 

人間である以上、誰しもが死は避けて通れない実態も存在しますので、それを当たり前のように受け入れる必要があるのも事実です。

 

 

もっとも、孤独死の場合でも汚損の場合があるので、通常の退去費用よりも高額な原状回復費用がかかってしまうケースもあります。

家主側と相続人の円満な解決という点では、どうすれば良いかについては生前から孤独死の場合の取り決めをしておくと良く、それが奨励される方法です。

 

 

 

 

 

あらかじめ家主と合意をとっておく

 

 

 

高齢者の1人暮らしは、孤独死の危険が常に付きまとうので、家主に対してあらかじめその意見を聞いておくことが肝要です。

 

 

判例上では、家主の権限で無謀な料金の請求を、孤独死のあった場合に適用することはできません。

それでも家主は取り得のような感じで、孤独死に付け込んで事故物件になってイメージが悪くなり、賃借人が入らなくなったのでその分までも請求しようとすることもあるかもしれません。

 

 

事前に、室内の家財の撤去に関しては遺族が行うことと、敷金以上の原状回復や損害賠償請求を遺族にしない旨の手紙などをしておくと良いです。

もちろん敷金は放棄することを通達しておくこともポイントになります。

 

 

相続人不存在の場合は、相続財産管理人が選任されることも明記しておくことで、死後の財産処分に関しても安心できる状態になると言えます。

 

 

家主側のリスクは、相続放棄されてしまうことですので、それを防げることもあり、そういった取り決めに関しても望むところとなることも多いです。

 

 

もし調整がまとまらない場合には、法律の専門家に依頼するなどして、あらかじめ孤独死した場合の賃貸物件の処理方法を書面に残しておきます

 

 

家主側の権利も保護し、相続人の権利までを保護することで、孤独死した故人にとっても円満な解決策となるのは確かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクシアでは、ご遺族様のご要望・ご相談をお受けし、ご希望・ご予算に
合わせた最適なプランで心を込めて丁寧に整理させていただきます。

ご遺品類の選別・片付けから搬出、処分まで、故人が大切にされていた
思い入れの品は手厚く供養させていただき、不要になったご遺品類の中から
買取が可能なものは買取させていただきます。
ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

年中無休
即日対応
相談
無料
0120-77-2345
受付時間8:00~20:00
無料お見積もりはこちら
お役立ちコラムの購読はFacebookをご利用頂くと便利です