お役立ちコラム

遺品整理に関する知っておきたい基礎知識などコラムを通じて
お役に立つ情報をお届けします。

新着お役立ちコラム

お祓いとご供養【弐】

0a2ba452c1ded8a1fb4d848d2b456ca7_s

大切な遺品を残しておくべきなのか・・・

 

出会いがあれば別れもある、とは言うものですが、大切な人がお亡くなりになるのはとても胸が痛むものです。

 

最初は悲しみに暮れてしまうかと思いますが、ずっとふさぎ込んでいるとお亡くなりになった方も心配になり天国でうまく羽を伸ばせなくなってしまいます。

 

安心して天国で過ごしてもらえるように、一つ一つ気持ちの整理をしていくことが大切です。
気持ちを整理すると共に行いたいのが、遺品整理です。

 

お祓いとご供養 

7821ebf1106f04a82ef9b167f17c4301_m

お払いというのは神前儀式の一つであり、神職者のみが行う行為です。
その為、お寺の住職さんが行うことは原則として無いことです。
お払いを執り行う事で神を招いたり、さらに災厄を取り除きます。
専門用語で説明をすると、

 

よく「空に叩き上げる」と使われています。

 

 

分かりやすく言うと、

遺品整理の費用を安く抑えるコツ

Fotolia_25468318_Subscription_XL

突然、祖父母や両親、またはパートナーが亡くなってしまった時、残された遺族は悲しみでいっぱいになります。

ですが、遺族は落ち込んでいる暇もなく、葬儀の準備から故人のお部屋の片づけをしなければなりません。葬儀は待ってはくれませんし、部屋の片づけといっても何処から手を付けていいのかわからない方が多いでしょう。

 

そんな時、少しでも費用を抑える方法があれば良いのにと思ったことはありませんか?

 

ゴミ屋敷にならないように気を付ける方法

DSC_0084

近年、テレビや週刊誌などで「ゴミ屋敷」が取り上げられることが多くなりました。

 

ですが、はじめからゴミで埋め尽くされていたわけではありません。理由があって、そうなってしまうケースが多いのです。仕事が忙しくてゴミを捨てずに部屋に放置してしまった方、年齢とともに体力が低下してしまい、掃除をする事が出来なくなったなど、

どうしても片づけられないとい方が増えています。

 

他にも大切なパートナーを失ったショックから物を捨てることが出来ずに、溜め込んでしまう方もいらっしゃいます。そのまま放置すると、各部屋はゴミで溢れかえってしまい、ゴミ屋敷へと変貌してしまうのです。

 

予算に合わせて遺品整理業者を選ぶには

DSC_0225

婚活という言葉が一般的になる一方、生涯独身者の数は増え続けています。

 

自分の周りを見回してみると、独身のまま一人暮らしをしている知人が一人や二人いるのではないでしょうか。

 

現在、独居老人の孤独死の増加が問題になっていますが、生涯独身者の上昇傾向を見ると、

将来は現在よりさらに独居老人や孤独死が増えてくると予想されています。

 

もしかしたら、突然、音信不通だった家族や親せきの訃報が届くかもしれません。賃貸などの場合、悲しみに浸る暇もなく遺品整理をしなければならなくなることもあります。

 

長年音信不通だった場合、どのように遺品を整理して良いのか途方に暮れる方も少なくありません。そんな時に役立ってくれるのが遺品整理業者です。