お役立ちコラム

遺品整理に関する知っておきたい基礎知識などコラムを通じて
お役に立つ情報をお届けします。

事故物件の投稿一覧

特殊清掃でもう一度使える家に

最近は毎日のように室内での殺人事件や虐待死、親の年金をもらいたいために亡くなった遺体を放置していたといった事件を見聞きします。

ニュースに映し出される家は立派な家も多かったり、ほかにも人が住んでいる賃貸住宅であったりして、この家はその後どうなるのだろうと思う方も多いのではないでしょうか。

 

事故物件って買い手が付くの?

事故物件とは室内で殺人や自殺、死体遺棄などが起きた物件、最近では老人や一人暮らしの方などが孤独死をしてそのまま何日も見つけられなかった物件、虐待死などが起きた物件などを言います。

 

 

高齢化社会に対応して行くために

私たちの国は、世界でも首位に立つほど高齢化が進んでいる国です。
平均寿命が男性がこれまで70歳代であったのが、現在では80歳代に乗りました。
また100歳を超える人口は、約6万人になります。
そして、80歳代を超える人の人口は1000万人とも言われているのです。

 

 

肝炎や感染病で孤独死したお部屋の特殊清掃を依頼するには

近年、高齢者や1人暮らしの若い方の孤独死や、家族そろっての病死や衰弱死、心中などの悲しいニュースが増えています。
死後しばらくして部屋から異臭がしたり、ハエやカラスなどが家の周りにあふれるなどして近隣の人にようやく気付かれ、家族や賃貸住宅の大家さん、不動産管理会社の方の手によって発見されることも少なくありません。

 

12