お役立ちコラム

遺品整理に関する知っておきたい基礎知識などコラムを通じて
お役に立つ情報をお届けします。

孤独死の投稿一覧

事故物件の告知義務はいつまで続く形になるのか

賃貸物件はオーナーより、賃貸物件を借りてそこに住む形になりますが、意外と問題になるのは事故物件の取り扱いです。

 

 

事故物件の基本は入居者が亡くなった場所のことを指し、主に人が殺された現場になる「殺人」、自ら命を絶った「自殺」、突然の発作で家族がいない状態で亡くなる「孤独死」があった物件になります。

 

 

 

昨今の孤独死者数推移と要因や発見状況の分析

孤独死に該当する立ち合いがない死亡件数は2017年には全国で2480人にのぼり、1999年の665人に比べ、18年間で4倍近くに増大しています。

中でも、東京23区では85人から862人へと10倍に膨れ上がるという、ほかの地域と比べても顕著な増大が見てとれます。