お役立ちコラム

遺品整理に関する知っておきたい基礎知識などコラムを通じて
お役に立つ情報をお届けします。

遺品整理の投稿一覧

相続登記で必要になる費用と相場を知りたい

%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e7%99%bb%e8%a8%98%e3%81%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%80%81%e7%9b%b8%e5%a0%b4%e2%91%a0

ご自宅や事務所などの不動産を所有している方が亡くなった時、この不動産を誰が相続するのかという事を取り決め変更するのが「相続登記」です。
聞いた事がないという方が多いのもそのはずで、そもそも親などのご家族が亡くなった時でなければわからない事ですので、知らないという方が多いでしょう。

 

遺産相続をスムーズに進めるために

遺産相続時どこまでが相続対象品について 3

人が亡くなると、残された相続人の間で遺産分割を行うことになります。
中には財産が手に入ると喜ばれる方がいますが、実際には財産の承継でもめたり、思わぬトラブルを抱えるケースも少なくありません。
相続が発生したとき、何処までが相続の対象となる財産なのかをご存知でしょうか。

 

遺品の贈与や譲渡を受ける際に気を付けたいこと

3701a3ccae64dd73a56030066b00d6b3_s

大切な家族が亡くなった場合、その相続人たちが財産を分けることを相続とか遺産分割と呼びます。

 
一方、日本には古くから相続人ではない親族や、故人と親しかった友人などに、故人が愛用していた品などを思い出として差し上げる、形見分けという風習があります。

 
相続人のすべてが同意のうえで、値段も相応のものを親しい方に形見分けをする分には特に問題はありません。
しかし、相続人間で同意もなく、相続税の対象品となるような高価な品を親族や他人に上げるのは避けたほうがいいでしょう。
相続人の間で権利を巡ってトラブルになるほか、借金が多くて相続放棄をしたかった場合にできなくなる可能性があるためです。

 

夫に先立たれてしまった時の遺族年金

2fddf4b238656b1becf5d5fc80b0e962_s

 

結婚し夫婦となってずっと一緒に暮らしていけると思っていた矢先に、何かの理由で夫に先立たれてしまう妻もいます。
もし、奥さんが働いていない場合には今後の生活がとても大変になってしまいます。
公的年金の中に、遺族年金というものがあります。