お役立ちコラム

遺品整理に関する知っておきたい基礎知識などコラムを通じて
お役に立つ情報をお届けします。

遺品整理の投稿一覧

賃貸物件の遺品整理の注意点!急いで作業する必要があるなら遺品整理業者がオススメ

少子高齢化が進む日本では、賃貸住宅で1人暮らしをしている高齢者の方が増えています。そのため、故人が住んでいた賃貸物件で、遺品整理の進め方に悩んでしまう方が増加していると言われているのです。

故人が持ち家に住んでいた場合であれば、四十九日が済んでから親戚一同が集まってゆっくりと遺品整理を行う…など、時間に余裕を持った作業も可能です。しかし、賃貸物件に住んでいた場合であれば、家賃のことなども考えると、ゆっくりと作業を進めるなんてことも難しいですし、原状回復やハウスクリーニングなどさまざまな要素も絡んでくることから、単純に遺品整理のことだけを考えれば良いという訳にはいかないのです。

遺品整理依頼する場合の適正価格とは?そもそも遺品整理費用は何で決まるの?

少子高齢化や核家族化が進む日本では、親世代とは離れて暮らしている方が増加していることもあり、遺品整理は専門業者に依頼するという方が増えています。遺品整理作業は、必要なものと不要なものを仕分けた上、大量の不用品を処分しなければならない作業ですので、皆さんが考えているよりもかなり大変な仕事となるのです。さらに、遠方に住んでいた方の遺品整理となる、作業のために遺族が一堂に集まることがなかなか難しく、物理的に作業の手が足りないことから業者に依頼するケースが増えているのです。

遺品整理を失敗しないために。おさえておきたい遺品整理業者選びのポイント

遺品整理は、一生のうちにそう何度も経験することではありませんので、ほとんどの方が遺品整理作業に慣れていません。また、大切な親族が亡くなってしまった時には、気持ちの整理がなかなかつかない…という場合もありますし、遺品整理以外にも葬儀の準備などに追われてしまい、遺品整理になかなか手が付けられない…なんてことが多いようです。特に近年では、核家族化が進んでいることから親世代とは離れて暮らしているという方も増えており、遠方に住んでいることから遺品整理のための時間をなかなか作る事ができない…などと言った方も非常に多いのです。

遺品整理を業者に依頼!遺品整理作業当日は全てお任せで良い?

親御さん等の大切な人を無くした場合、葬儀の準備などに追われてしまい、遺品整理になかなか手がつかない…となってしまう方は非常に多いです。近年では、こういった遺品整理を専門とするサービスが登場しており、その需要が年々高くなっていると言われています。一昔前までであれば、数世帯の家族が同じ家に住んでいることも珍しくなかったため、わざわざ遺品整理を業者に依頼するなんてことも少なかったのですが、核家族化が進み親世代と離れて暮らすというのが当たり前となった現在では、実家の遺品整理のための時間を取るのが難しい…という方が多いのです。

遺品整理は立ち合い不用?遠方から遺品整理業者に依頼する場合の一般的な流れ

親族が亡くなった際には、葬儀の準備に追われてしまうため、遺品整理を後回しにしてしまう…なんて方が少なくありません。特に現在の日本国内の状況を考えてみれば、核家族化が進んでしまい、親兄弟が遠方に住んでいることも珍しくなく、遺品整理を進めるために親族一同が集まるなんてことは難しいという方が意外に多いのです。