お知らせ

遺品整理作業

熊村初ブログです。
最近工具箱からハンマーがなくなり、バールで代用して、家具をバラしたのですが、
意外といけるもんですね。
工具も色んな物がありますが、
用途以外の使い方も試すとおもしろいです。

そうそう、インパクトの充電が無くなって使えなくなったとき、代用として、ダルマドライバー(ちっちゃいやつ)で、二段ベッドの
解体をするときは、時間かかっちゃいました。

最近は暑くなってきましたね。
天気が良いと、気持ちも晴れますが、
皮膚を刺激する太陽光との闘いに
日々奮闘してます。
汗をかくとつらいんですよね。
みなさんはどうですか?

まぁ冬場の作業より、夏場の作業のほうが
僕は好きなんですけども。。

虫も多くなってきました。
作業をしてると、蜂の巣にも出くわす
ことがあるのですが、冬場と違い、
活発に動いているので注意が必要です。

ここ最近の作業で、ご主人様が
ワンルームのマンションでご逝去され、
遺品整理と血痕の拭き取り掃除
ご依頼がありました。

ご生前の生活空間がそのまま残っており、
衣服や食器、食品など全てそのままの
状態での作業でした。

特に印象的だったのが押し入れの中。
全ての物がしっかりと整頓されていて、
ご生前の頃の整理上手な一面が
見え隠れしてました。
ダンボール一つ一つ種類ごとに
別れていて、仕分けもしやすかったです。

一つ一つ、丁寧に仕分けしていき、
ご生前の頃の思い出の写真などを
まとめ、ご遺族の方にお渡しさせた
頂きました。
思い出のものがでてくると、お渡し
したときに喜んでいただくことが
多いです。
写真に限らず、使っていたボールペン、
読んでいた本や、備品も含め、
一つ一つに思い出がある物です。
お客様と確認しながら、処分の
選別をしていきます。

ご遺族の方からは、ご生前どのような
お方だったのか、片付けする前の
生活空間は整理整頓されてましたよ。
等のお話をし、お亡くなりになられた
かたのご冥福をお祈りさせて頂きました。

片付けのあとには、除菌をしました。
大切な作業のひとつです。
丁寧に拭き取りをし、お部屋を後に
しました。

除菌をしたあとは匂いもすっきり。
清潔感があるお部屋に仕上がります。
片付ける前と、片付けた後の部屋を
見比べると、心もすっきりします。
綺麗な部屋ってやっぱりいいですね。

畳が綺麗ですね

沢山の現場で作業をしていますが、
どのお宅も違い、色々な生活空間に
触れてお仕事をしています。

これからも一つ一つ、丁寧に
作業をしていこうと仕事終わりに
振り返るのが日課です。

明日はどんなお方のお片付けを
させて頂くのでしょうか。。