空き家をお得に活用する3つの方法とは?具体的な方法をご紹介

「空き家を所有しているけど、もう少しお得に活用していきたい」とお考えではありませんか?
 
もし、空き家を有効活用をしなければ損していることになります。
 
ということで今回は、空き家をお得に活用する3つの方法についてご紹介いたします。さらに空き家を放置しておく人は一つ注意点があるためぜひご覧ください。

 

空き家を活用せずに、放置にしておく注意点とは

 

空き家を活用せずに放置しておく注意点は、所有している土地に対して税金を支払わなければならないことです。
 
 

誰も住まなくなった空き家を相続するなどした場合、所有しているだけでも毎年、固定資産税や都市計画税の支払いが必要になります。

 

 

地域や土地の広さ、建物の規模や築年数などにもよりますが、年間、数万円から数十万円の支払いが必要です。
 
 
毎年税金を払わなくてはならないため、空き家を放置していると赤字になってしまいます。
 
 
空き家はただ所有しているだけでは、何の価値や利益も生み出さず、税金をはじめ、管理コストなどがかかるだけです。
 
 
老朽化して倒壊するなど地域に迷惑をかけないよう修繕をしたり、草木が生い茂って地域の景観を乱したり、衛生面が悪くならないよう除草や剪定などのコストもかかります。
 
 
また、こうしたコストの支払いが大変、手間をかけたくないと放置すれば、地域の方からクレームが入ったり、行政からの改善勧告をされたりすることもあります。
 
 
さらに。近年施行された法令によって、所有者の負担にて行政が解体の代執行をかけることも可能となりました。
 
 
つまり、放置しておくと毎年の税金などの負担がかさむうえ、多額の費用を請求されて空き家の失ってしまうこともあるということです。
 

 

空き家をお得に活用する3つの方法とは?

 

空き家を放置していると税金がかかってしまいます。
 
 

そのため、空き家をできる限り有効活用していく必要があります。
 
 

空き家をお得に活用する方法は以下の3つです。
 
 

  • ・空き家を売却する
  • ・空き家を手元に残しながら家賃収入を得る
  • ・空き家の用途を変更する
    •  
      それぞれ簡単にご説明していきます。
       

      空き家を売却する

       

      空き家を放置していると毎年税金を払わなければならず、大きな損なので空き家を売却してお得に臨時収入を得ましょう。
       

      近年は築年数の経った住宅を安く購入したうえで、自分好みにリフォームしたい人も増えており、古い住宅でも買い手がつく可能性が高くなっています。

      古民家に憧れる人、伝統的な住宅で子育てしたいと地方に移住してくる方、日本を気に入り、和風住宅に住みたいと古い木造住宅を探している外国の方も増えてきました。

       

       

      築年数が経過しているし、どうせ売れないとあきらめずにチャレンジしてみるのがおすすめです。

       

       

       

       

       

      老朽化が激しい、ゴミ屋敷化していたり、お庭が荒れ放題になったりしている空き家がある、売りに出したもののなかなか売れない場合にはリフォームを施したり、ハウスクリーニングを行ったりすることで一気に買い手がつくことも少なくありません。

       

       

      和室を洋室にリフォームする、トイレやバスルーム、洗面所やキッチンなど水回りを今時のデザインや新しい住宅設備に交換するなどすることで、売れやすくなります。

       

       

      空き家を使う予定もニーズもないけれど壊すのは忍びない、かといって、所有し続けるのも負担という方は、リフォームなどでスタイルを少し変えたとしても売却して次の方へと譲ることで、思い出が詰まった空き家を引き継いでもらうことができます。

       

      空き家を手元に残しながら家賃収入を得る

       

       

      思い出が詰まった空き家を手放すのは忍びない方や、いつか家族などが住むかもしれないと考えている方、何か困ったときに住み替えるための土地を残しておきたいなどと考えるなら、賃貸がおすすめです。

       

       

      一軒家としての貸家をはじめ、マンションなら立地によってはよりスムーズに貸せます。

      近隣に転勤の多い企業などが立地していれば、社宅として借り上げてくれることも期待できます。

       

       

      地域によっては一戸建ての貸家のニーズが低いこともありますが、そうした場合には今流行りのシェアハウスや民泊として活用する方法も検討してみましょう。

       

       

      低コストで借りやすいシェアハウスは若者をはじめ、外国からの留学生や独身の社会人に人気があるほか、最近では小さなお子さまがいるファミリーが住みたいと希望するケースも増えてきました。

      住まいをシェアしながら子育てもシェアする、お互いが得意なことを助け合うなどの新しいライフスタイルが構築されつつあります。

       

       

      空き家のある立地や環境、部屋の間取りなどによっても異なりますが、地域の賃貸ニーズや地域に暮らす方のライフスタイルの特徴などを踏まえ、最適な賃貸スタイルを検討しましょう。

       

       

      民泊の場合、運用が難しそうに思えますが、運用を専門の事業者に任せ、利用者の募集や入室や退去、クレーム対応やハウスクリーニングなどを任せることも可能です。

      外国人旅行者の増大が続いている一方で、ホテルや旅館不足が問題となっているので、民泊という選択肢も検討に値します。

       

      空き家の用途を変更する

       

       

       

      住宅としての売却や現在のままの賃貸するのではなく、空き家の用途を変更する活用方法もあります。

       

       

      老朽化した空き家や倒壊リスクの高まった空き家を解体して、更地にしてから売却することで、よりスムーズに売れることもあります。

      また、取り壊したうえで、新たにアパートやマンションなどを建築して賃貸収入を得る方法も活用法の1つです。

       

       

      アパートやマンション建築にはコストがかかりますが、更地にしたうえで青空駐車場やコインパーキングにすれば、費用を抑えて用途変更による収益の獲得が可能になります。

      立地によっては他の事業者と提携し、老人ホームや保育園、病院などの運営用地とすることも考えられます。

       

       

      借地権を設定して地代を得る方法と、地主による土地の提供と事業者による建物建設の費用を案分し、等価交換方式による不動産活用も可能です。

       

      空き家をお得に有効活用しよう

       

      空き家のお得に活用する方法を3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
       

      空き家をそのまま放置しておくのは非常にもったいないことです。
       

      もし、空き家が要らないのであれば、売却すると良いでしょう。
       

      空き家が手放せない場合は、誰かに住んでもらい、家賃収入を得るか、用途変更して収入を得られるようにすると良いでしょう。
       

      「親族がなくなってから空き家になった家の整理をしなければならない」という方は遺品整理の業者にぜひお任せください。
       

      思い出の品を処分しないように、丁寧に整理させていただきます。
       

      お問い合わせはこちらから
       

      関連記事:遺品整理はいつするべきなの?選ばれることが多いタイミングと注意点について
      関連記事:利用者が増加中と言われる『遺品整理サービス』。遺品整理サービスは具体的に何をしてくれるの?

タグ:

エクシアでは、ご遺族様のご要望・ご相談をお受けし、ご希望・ご予算に
合わせた最適なプランで心を込めて丁寧に整理させていただきます。

ご遺品類の選別・片付けから搬出、処分まで、故人が大切にされていた
思い入れの品は手厚く供養させていただき、不要になったご遺品類の中から
買取が可能なものは買取させていただきます。
ご相談、お見積もり依頼等、何でも お気軽に問い合わせください。

年中無休
即日対応
相談
無料
0120-77-2345
受付時間8:00~20:00
無料お見積もりはこちら
お役立ちコラムの購読はFacebookをご利用頂くと便利です