スタッフブログ

こんにちは。遺品整理 エクシアのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

本日はゴミ屋敷の片付けの報告です。雑誌や衣類の他に食品の空き容器や空き缶も散乱する部屋には、ゴキブリがあちこちに繁殖していました。ご依頼者様は、そんな状況で3年以上もの間生活されていたという話です。

 

ゴミ屋敷になってしまったワケ

 

Before After

 

ゴミ屋敷で生活する人の中には、自宅から外に出ればどこにでもいる至って普通の会社員として社会生活を送られている方は多くいます。今回、弊社へご依頼くださった方もそうでした。しかし、自宅に帰ると何もできなくなってしまうのは何かきっかけがあったのでしょうか。

 

ご依頼者様は夜勤のある仕事をされていて、ごみを出すタイミングを逃してしまったり、前日の出勤前にゴミを出して帰宅すると玄関にゴミ袋が戻されていたりするという事があったのだそうです。そんなことが何度かあって、だんだんとゴミ出しが億劫になってきたと話しておられました。自宅ですることは買ってきた出来合いのものを食べて、ゴミに埋め尽くされていく部屋の隅で寝ることだけ、という生活が3年以上。

 

以前からそうだったわけではなく小さなきっかけが積み重なって、いつの間にかゴミ屋敷になっていたという経緯をお伺いしていると、自分にも起こりうることなんじゃないかと思えてきました。

 

ゴミの中で繁殖した大量のゴキブリ

 

Before After

 

散乱する食品容器や空き缶、ゴミの日に出そうと詰めた山積みのゴミ袋は、ゴミ屋敷の現場ではよく見る光景です。これらは皆、ゴキブリ(以下、彼らと記す)の大好物。

 

食品容器の油汚れや缶チューハイの甘い匂いに誘われて彼らは集まってくるのです。そしてエサを食べて排泄し、仲間を呼び寄せるのです。(彼らの糞は仲間を呼び寄せる効果のあるフェロモンを出しているのだそうです)

 

今回の現場はまさに、彼らにとって打ってつけの住処になっていました。各部屋、通路のすべてがゴミで埋もれていましたので、あちこちで動き回る姿が目に入ります。

 

あまりの状況に、一旦燻煙式の殺虫剤を撒いてから作業に入ることにしました。数時間後、入室するとゴミの隙間に逃げた彼らがまだ生きていましたが、最初と比べると幾分ましに。

 

ここからは燃えるごみ、燃えないごみなど分別しながら次々と袋に詰めていきます。3年分のゴミは地層のように固まり、かき集めるのも大変な作業です。集めたそばからまた彼らの姿が横切っていきます。

 

・作業の詳細
作業人数:3人
作業時間:6時間
部屋の広さ(間取り):2DK

 

Before After

 

片付けを機に、新たな人生を

 

Before After

 

体調を崩した時に、精神的な異常も感じたというご依頼者様。メンタル面の治療をすることを決意し、現在も投薬治療を続けられているとのこと。

 

そして徐々に、部屋の異常な状況を冷静に認識できるようになり、片づけることを決断されました。この後はお住まいを移して、新たな生活をスタートされるという事です。ご依頼者様にとって、次の一歩を踏み出せるお手伝いになっているを願っています。

 

ご相談はフリーダイヤルまで
フリーダイヤル 0120-77-2345
受付時間 8:00~20:00

みなさんこんにちは。遺品整理のエクシアです。11月に入りそろそろ木々も色づき始める季節になりました。みなさまいかがお過ごしですか?

 

2014年にエクシアとして遺品整理のサービスを始めて約5年、遺品整理サービスを利用される方は増え、遺品整理士という有資格者の需要は年々高まる一方です。

 

そもそも遺品整理は、家族や親戚で形見分けをしたり要らなくなる物を片付けたり、故人に思いを寄せ思い出を語りながら行われてきました。時代とともに遺品整理の仕方が変わってきたその背景は、言うまでもなく、昔と比べて一つの世帯が小さくなり、家族の間に距離ができた事(物理的に。あるいは心理的にも。)が一つです。

 

そして今、検索サイトで「遺品整理」と検索して表示されるのは、遺品整理のハウツーなどについて書かれた情報系サイトではなく遺品整理を行う業者のサイトが大半を占めているのです。(弊社も然り)

寄せられるご相談は、全て処分してとにかく早く片付けて欲しいとおっしゃる方もいれば、整理は自分たちでするので残ったものを全て回収して欲しい、どうすればいいのかわからないので一緒に仕分けをしたい等々、内容も様々に。

 

 

故人の人柄に触れることができた遺品整理の現場

 

本日の作業報告は兵庫県西宮市のお宅にて。お住まいの方が亡くなり、誰も住まなくなるので家の中を片付けたいというご依頼でした。ご依頼者様が育ったご実家ですが、この数年は亡くなられたお母様おひとりだったのだとか。

 

生活感はあるのに、人の気配を感じないどこか寂し気な空気が。貴重品や、写真、故人さまが身に付けておられたアクセサリー等ご要望のあった品物を探しながら片付けを始めました。

 

 

 

いつものように黙々と作業を進めている時、印象的な出来事がありました。

 

運び出したご遺品をトラックへ積み込んでいると、こちらへ声をかけてくる女性の姿が。ちょっと警戒しつつ笑顔で応対。(近所の方から声をかけられることよくありますが、ごくたまに故人と仲良くしていたという近所の方が作業中の部屋に入り、ご遺品を形見にすると言って持っていこうとするという事もあるのです。)

 

女性「〇〇さんとこ片付けてはるん?」

 

エクシアスタッフ「はあ・・・(プライバシーに関わるので、はい。とも言えない)」

 

女性「ホンマにええ人やったから、残念やわ。」と、話し始めます。

 

懸念していたことは的外れだったようで、故人様とのこと、いろいろな思い出を次々に話す女性。

それも一人ではなくちらほらと声をかけられ・・・故人様は独り住まいの方だったということですが、多くの方に見送られて旅立たれたのだろうなぁと感じました。

 

 

 

私たちが故人様にお会いすることはありませんが、ご遺品やご遺族さまの話、ご近所の方の話から故人様の人柄に触れることはできます。そして遺品整理にも力が入ります。

依頼くださるご遺族さまができなかった事を私たちがお手伝いさせていただいていることを再認識し、遺品整理という仕事を振り返るきっかけになる現場になりました。

 

——————
作業メモ
——————
・作業人数:4人
・作業時間:6時間
・部屋の広さ(間取り):4LDK

 

自分自身の遺品整理を考えてみた

 

自分自身の遺品整理は誰がしてくれるんだろう・・・。子どもたちなのか、配偶者なのか、兄弟なのか、業者か・・・。

 

誰がするにしても、大変な思いはさせたくない。わざわざ話題にせずとも、ほとんどの方がそう思っているのでは。身内の遺品整理を経験したことのある方なら尚更でしょう。

 

出来ることなら家族のためになるモノだけを遺して旅立ちたい。

 

そんな思いを巡らせて、生前整理をするのは必要なことなのかもしれないと気づきました。

 

遺品整理のエクシアでは各法律専門家と提携し、生前整理のご相談にもお応えしております。
ご相談はフリーダイヤルまで
フリーダイヤル 0120-77-2345
受付時間 8:00~20:00

カテゴリー

アーカイブ

遺品整理・空き家の片付けの受注件数 関西No.1

※ 東京商工リサーチ2019年、2020年3月、2021年5月調べ

遺品整理を
お急ぎの方へ

早急に対応いたします。

エクシア女性スタッフの写真

エクシア対応エリア

出張無料でお見積もりに
お伺い致します!

トラック

最短10分で無料お見積もり! 0120-77-2345 受付時間 8:00~20:00(年中無休)

スタッフ紹介

-stuff-

スタッフ紹介

思いを込めて

スタッフブログ

メディア掲載情報

メディア掲載情報

ケアマネージャー様 病院関係者様へ


心の絆、安心の証

当社には遺品整理士
の有資格者がいます。

女性スタッフ
サービス

全て女性スタッフが担当!女性のお客様も安心してご利用下さい。

各種カード決済対応

各種カード決済対応

幅広い保障で安心をお約束

万が一の作業中のアクシデント
にもお客様に対して
最高五千万円までの
幅広い保証で安心を
お約束いたします。

「EXSIA不動産 」遺品整理から不動産売却まで完全サポート